建築物における防火・耐火構造

ホームへ戻る > 建築物における防火・耐火構造

新築の住宅メーカーの比較
工務店とハウスメーカーの違い
リフォーム業者の選び方
オール電化のメリット
デザイナーズ住宅とは

建築物における防火・耐火構造不動産においては耐火性能・防火性能というものも大切になります。不動産業者とマイホームや新築の相談を行う場合、不動産業者からしっかりと耐火性能・防火性能の説明を受けましょう。まず「耐火」と「防火」という言葉は似てはいますが意味合いが少し違います。耐火構造というのは建築物内で火災が発生するケースと、建築物の外部で火災が発生するケースの2種類を想定しています。防火構造のほうは、各建築物の外壁や軒裏などの構造において政令で定められている防火条件が用いられている場合、その建築物を防火構造と呼びます。この基準に定められている防火条件には「鉄鋼モルタル塗」や「しっくい塗」といったものがあります。

耐火構造には「準耐火構造」と「耐火構造」があります。「準耐火構造」は、建築物壁・床・柱といった各部位において、火災が発生した際にその燃焼を抑える性能を持った構造のことを言います。各部位ごとにその性能があり、熱が加わってからどれくらいの時間に耐えられるかという具体的な仕様が定められています。各部位の種類には、外壁、間仕切壁、壁、床、軒裏、屋根などがあります。これら各部位ごとにどれだけ耐火性能があるかということです。「耐火構造」は、政令で定められている基準を満たした「鉄筋コンクリート造」「レンガ造」のことを指します。当然ながらこちらも壁、床、柱といった各部位の耐火性能が基準を満たしているかどうかがポイントになります。