新築の住宅メーカーの比較

ホームへ戻る >  建築物における防火・耐火構造  > 新築の住宅メーカーの比較

新築の住宅メーカーの比較新築を頼む業者を決める時には、やはり信頼できるところがいいというのが普通の考え方ではないでしょうか。たとえば、知人、友人の紹介などで評判を聞いているのならば問題はありません。相手にとってもお客さんの紹介ということで対応してくれるはずです。そうではなく、自分で探してこなければいけないというケースでは、複数の業者のなかから自分に合うところを選び出さなければいけなくなります。そのときには、なにか目安となる考え方なり、比較する見方を用意しておくのがいいでしょう。

たとえば、大手の住宅メーカーに新築を頼めば、設計から工事まで全て請け負ってくれます。それに対して、設計事務所で設計を頼み、それを工務店に持って行って工事を依頼するという方法もあります。どちらかが良くて、もう片方が悪いというものではありませんが、1つ目安を置くならばコストという点でしょう。住宅メーカーに頼めば一括で済みますが、設計事務所と工務店を分けて依頼する場合は、双方に費用を支払うことになります。しかし、組み合わせによってはメーカーに頼むよりも安くなる場合もあるのです。


そして、他にも目安として考えておきたいポイントは、工事の技術的なことはもちろんですが、デザインであったりオプションでつけられる設備の充実度もチェックしておきたいところです。また、新築の場合は、保証期間の有無や長さなども重要になります。建てた後になにか不都合が生じたときに、すぐに対応してくれるような業者が優良だと言えるでしょう。