工務店とハウスメーカーの違い

ホームへ戻る >  建築物における防火・耐火構造  > 工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの違い家を建てるときには、工務店を利用する方法とハウスメーカーを利用する方法が一般的です。それでは、この2つにはどういう違いがあるのかを、みなさんはご存じでしょうか。どちらを利用するべきか迷っているという人がいるのなら、まずはそれぞれの違いを把握することからはじめましょう。


工務店の特徴は、地域密着型であるということです。施工、アフターフォローともにきめ細かい対応に期待ができ、担当者との意思疎通がしやすいというメリットがあります。ある程度自由に設計ができるため施工の制約がなく、注文住宅を建てるときに適しています。しかし会社規模がそれほど大きくないため不安を感じることや、しっかりとしたイメージを持っていなければ話しが進みづらいという点もあります。

ハウスメーカーは会社の規模が大きく信用があり、住宅展示場やモデルハウスで実物を確認できます。さらに安定したレベルとデザイン力があるので、具体的なプランがまとまっていなくても家を購入する手間がそれほどかかりません。しかし融通が利きづらいという特徴や、人件費などから価格が高くなりがちという特徴もあるのです。


工務店とハウスメーカーにはそれぞれ特徴があるので、選ぶときには十分に考えるようにしてください。信用面を第一に考えるのか、自分が建てたい家に対するこだわりを持つのかによって、どちらにすれば良いのかが変わってきます。工務店とハウスメーカーのどちらを利用するべきか迷ったときは、こういう基準で考えてみてはいかがでしょうか。