リフォーム業者の選び方

ホームへ戻る >  建築物における防火・耐火構造  > リフォーム業者の選び方

リフォーム業者の選び方頼りになる業者を見つけられるかどうかが、非常に大きな割合を占めるのがおうちのリフォームですが、肝心の業者はどうやって探すものでしょうか。


まず、公的な基準としてはちゃんと「建設業の免許」を持っているかどうかです。これを持たずに営業をしている業者は、最悪詐欺という可能性すらあります。それでなくても、信頼性という点では一段も二段も落ちざるを得ません。次に、その免許の更新回数にも着目しておきましょう。定期的に要求される免許更新の回数が多いということはそれだけ長く営業しているということですので、多少なりとも信頼感が増します。


各種保険の類も大事です。建築工事保険、賠償責任保険などの保険に加入しているかどうかも重要です。もちろん、技術の良し悪しを直接あらわすものではありませんが、そのリフォーム業者がまっとうな企業運営を行っている所かどうかのひとつの基準になります。

実際の施工事例の方も出来る限り提示してもらいましょう。施工事例はそのまま実績ですので、これを自信をもって示せるかどうかは大きな点です。「施工事例は?」と問い合せてお茶を濁したような答えしか返って来ないようでしたら止めておいたほうが良いでしょう。あえて駆け出しのリフォーム業者に頼んで割安にやってもらうというのも有りですが、多分に賭けになりますので注意が必要です。


そして、何らかの問題が出た際の対応やアフターケアに関して明確な対応を約束できないところは、基本的に止めておきましょう。営業の人が「絶対大丈夫!」などと言うのをアテにしてはいけません。