オール電化のメリット

ホームへ戻る >  建築物における防火・耐火構造  > オール電化のメリット

オール電化のメリットオール電化住宅への導入が推進されています。メディアでも取り上げられる機会が増えており、メリットの数々が挙げられることも。ではオール電化の導入によって具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。


まず安全性。火を使わず電気でエネルギーをまかなうため火事の不安を大幅に解消することができます。また、新築時には防火対策のコストを減らすことができます。同様にガスの配管工事も必要ないため、建築費用を抑えられるメリットが期待できます。


それから衛生面。電気調理器は煙がでにくいため換気の必要がありません。煙による壁や天井の汚れの心配をしないで済むのです。キッチン周りの油汚れもごくわずか。衛生的な環境で家をきれいな状態に維持できます。ガスコンロに比べて設置場所に融通性があるため、好みの間取りに設定しやすいというメリットもあります。

環境面へのメリットも重要です。これは経済面へのメリットと密接に関わってきます。たとえば、給湯設備にエコキュートを導入することで消費電力を大幅に削減することができるほか、二酸化炭素の排出量も大幅に削減することができます。地球に優しい環境でランニングコストも抑えることができる、魅力的な選択肢となるのです。


そのほかにも住宅ローンを組む際に有利な金利が適用される、一部の設備では導入時に補助金が支給されるといったメリットも挙げられるでしょう。これらの点からオール電化に対する注目が高まっているのです。