デザイナーズ住宅とは

ホームへ戻る >  建築物における防火・耐火構造  > デザイナーズ住宅とは

近年住宅業界で注目を集めているのがデザイナーズ住宅です。これは建築家の個性やセンスを前面に押し出した住宅のことを言います。もともとマンションで注目を集めていましたが、最近では戸建ての住宅にも増えてきました。


日本の住宅は快適な生活環境を重視する傾向が長らく続いていました。さらにここ十数年は加えてコスト削減への意識も強まったこともあり、住宅の没個性化がますます進んでいる状況です。街並みを見ても同じような家がずらりと並んでいる、そんな傾向が見られます。デザイナーズ住宅はそんな従来の日本の住宅の概念を覆し、個性を前面に打ち出した家造りを目指しているのです。

快適な居住空間とは単に住みやすい、心地良いだけではありません。住んでいて楽しくなる、日々新鮮な刺激に溢れているといった精神面へのアピールも本来必要なのです。とくに購入する場合には家を所有する喜び、満足感といったものも重要です。デザイナーズ住宅はそんな住む人の心を満たしてくれる住宅なのです。


デザイナーズ住宅では家造りの際に統一したコンセプトを設ける場合が多く、オリジナリティだけでなく目的に合わせた住宅を建てることができるのもポイントです。ヨーロッパ風の外観、あるいは木材を多用した家造りなど。素材や設備に関しても徹底的にこだわることで他のどこにもない、自分だけの居住空間を手に入れることができるわけです。


注目が高まったことでさまざまなタイプのデザイナーズ住宅が登場しています。多彩な選択肢の中から自分にあったスタイルを探してみてはいかがでしょうか。