思春期の歯列矯正

ホームへ戻る >  マイホームの参考に住宅展示場を見学する  > 思春期の歯列矯正

思春期は体も心も成長する時期であると同時に、精神的に不安定になる時期でもあります。歯列矯正の観点から見ると、思春期真っ盛りの15歳が顎の骨の形成が終了する時期に当たるので、治療には綿密な計画が求められます。では、思春期の歯列矯正について考えましょう。


まず、思春期に歯列を改善するメリットについてです。顎の骨が成長を終える前であれば、装置を着けることで簡単に歯を動かすことができ、噛み合せも改善することが出来ます。この時期を知るために、手首の軟骨をレントゲンで撮影したり、女性であれば初潮の有無を確認したりします。

思春期に歯列矯正をするデメリットは、不安定な時期に装置を着けることよって生じる心理的な影響が挙げられます。思春期には第二次性徴が起き、自分の体が変化すると同時に異性に対する関心も高まります。異性、また同性からもどのように見られているだろうか…と考えるようになりますから、矯正装置が負担に感じることもあるのです。もちろん、逆に見た目が気になるから歯列を改善したいと感じる若者もいます。


この年代の若者が歯列改善をする場合、部活動などの激しい運動で口周りを怪我しないように注意することも肝心です。また、吹奏楽などで歯に力が加わり続けるときには、治療期間が長引くことを知っておくとよいでしょう。さらに、マウスピースによる歯列改善などの場合は、効果の表れ方は患者の努力次第ですから、自分のためになるということを得心させることも重要です。