1円から会社設立

ホームへ戻る >  ヘアサロンでの指名制について  > 1円から会社設立

会社設立の際には資本金を用意しなければなりません。この資金調達が思うように行かずに法人化ができないケースも多いようです。しかし、1円から会社設立が可能になる場合もあります。


これは中小企業挑戦支援法に定められたもので、一定の手続きを行うことで1円からの会社設立が認められるものです。最低限の資金から会社を設立することができ、社会的信用や節税対策を行うことができます。


会社を設立することによって社会的な信用が大幅にアップし、これまでつきあうことができなかった会社や組織とも取引が可能になる可能性が広がります。その意味でも法人化は重要な意味を持ってくるのです。当座の資本金が少なくともとりあえず法人化することによってビジネスを軌道に乗せる、という選択肢も可能なのです。

また、資本金1000万円未満の会社の場合、設立から2年間は消費税が免除されるという大きなメリットもあります。


ただし、注意しなければならない面もあります。設立後期限内で必要とされる資金を増資によって調達しなければならない点。株式会社なら1000万円、有限会社なら300万円。これができないと組織の変更や解散を余儀なくされてしまいます。


また法人住民税として最低7万円の納税義務があります。これは赤字でも支払う必要があるものです。ほかにも毎年損益計算書と貸借対照表を提出しなければならないなどの手間も増えます。


とはいえ、サラリーマンでも会社設立が可能になる有力な選択肢となってくれるのではないでしょうか。