プラセンタってなに?

ホームへ戻る >  ヘアサロンでの指名制について  > プラセンタってなに?

プラセンタ(Placenta)は胎盤を意味する言葉です。母体と胎児をつなぐ胎盤は、妊娠期のみにしかつくられない臓器で、出産とともに不要になりますので胎児と一緒に娩出されます。人間をはじめとする哺乳類のメスにしかつくることのできない臓器です。この胎盤は、胎児に血液や栄養分を送り届ける役割を持っています。胎盤には、各種アミノ酸のほか、たんぱく質やビタミン・ミネラル等が豊富に含まれています。

先述哺乳類のメスにしかつくることができないといいましたが、出産直後の動物は産後の滋養を付けるための他、血のにおいを敵対動物に悟られないように胎盤を食べてしまうといいます。滋養を付けるためという着眼点のもとプラセンタは医療の場にも応用されるようになりました。日本では、ヒトプラセンタから生成された医療用プラセンタ製剤が販売されていますし、漢方薬としても広く用いられています。強壮剤やアンチエイジングの観点からプラセンタエキスを配合したサプリメントも販売されています。プラセンタ治療は、医療用プラセンタを用いての美容整形や、授乳婦の乳汁分泌不全治療、更年期障害・肝障害の治療などが行われています。男性更年期にも医療用プラセンタを用いてのプラセンタ治療を行うことがあるといわれています。


昨今では、大豆や麦の胚芽から抽出生成される「植物性プラセンタ」も動物性プラセンタと同様のパワーを持つとして注目されつつあります。