不動産を活用するには

ホームへ戻る >  ヘアサロンでの指名制について  > 不動産を活用するには

不動産は、所有しているだけではあまり意味がありません。毎年、固定資産税と都市計画税を支払わなければいけないので、有効に活用することを考えましょう。そのためにはいくつかの方法があります。自分で建物を建てて運用していくやり方と、第三者に委託する方法です。どちらもメリットデメリットはありますが、不動産を所有しているならば、やはり活用することで利益をあげていきたいものです。そのために、それぞれの特徴を知っておくようにしましょう。


まず自分で不動産を経営していくやり方ですが、これはマンションやアパート、ビルといった建物を、自分で計画して管理、運営をすることになります。賃料は全て自分の収入となるので、収益率が高くなるという大きなメリットがあります。その反面、不動産の運用方法としてリスクが高めだとも言えるでしょう。とくにローンを組んだ場合などは、適切な経営計画でないとすぐに赤字になってしまい、資金繰りが滞ってしまうこともあるからです。

そういったリスクを抑えるのが、不動産運用の事業を業者に委託したり、土地を信託銀行に預けるなどの方法です。運用を業者に委託すれば、周辺環境などからその場所に適した物件を建設して、管理運営をしてくれることになります。そのぶん費用がかかるので収益率は下がりますが、安定した収入ということでは期待できるはずです。そして、土地を信託銀行に預けると、銀行が活用することで、自分は配当金を受け取ることになるのです。