デザイナーズ住宅の選び方

ホームへ戻る >  土地転がし  > デザイナーズ住宅の選び方

住宅の購入を考え、デザイナーズ住宅にしたいと思われた場合、自分なりの理想や様々な施工例などを見てどのようなスタイルにするかなどが決まってくるかとは思われますが、デザイナーズ住宅はそのデザインの多様性から、色々と目移りしてしまうことも多くあるかもしれません。画一的な住宅スタイルと違い、その自由度の高さは逆に選択肢を広げすぎてしまい、選びきれなくなる場合もあるのです。


求めるものが多くなればなるほどそのデザイン性も広がることから、まず考えておきたいのは「絶対に入れたいもの」と「出来れば入れたいもの」など、ある程度発想の区分けをすることです。もちろんコストの問題もあることから、どこまでを取り入れ、どこを削るかと言う選択も必要となってくることでしょう。必要であるものと、そうではないものを明確にすることにより、イメージが固まり、建築デザイナーの方にも意図を伝えやすくなります。

デザイナーズ住宅はその名の通り、建築デザイナーの設計によって形が決まります。何度と無く相談を繰り返すことにはなるかと思われますが、その際に明確な情報を伝えることにより、さらに正確に意図を汲み取ったデザインを考えてくれることでしょう。デザインやスタイルに迷った場合は、施工例を確認する、必要なものをメモするなど残しておくなどすることにより、必然的に形が決まっていくのです。最初は特に迷うことも多くあるかと思われますが、信頼できる建築デザイナーの方と密接にやり取りをしていくことが大切です。