注文住宅の間取りについて

ホームへ戻る >  土地転がし  > 注文住宅の間取りについて

注文住宅においてもっとも重要なポイントとなるのが間取りでしょう。間取りを自由に設定できる点にこそ、最大のメリットがあると考えている人も多いはずです。それだけに、生活空間としてしっかり機能する間取りを考える必要があります。


住宅の間取りについては、まずパブリックゾーンとプライベートゾーンのバランスが求められます。つまり家族全員で使用するリビングなどの空間と、個室の空間をどう配置するかです。家族同士のコミュニケーションを重視したい場合にはパブリックゾーンを中心にして間取りを考える必要がありますし、家族一人一人のプライバシーにも配慮しなければなりません。

もうひとつのポイントは動線。特にトイレ・バス・洗面所の配置が重要です。高齢者の個室からこれらの設備への移動が困難な場合、リビングやダイニングを通過しなければならない場合などです。あるいは朝の通勤・通学の時間帯に込み合ってしまうなど、動線がうまく機能しない間取りにしてしまうと日常生活に支障をきたす可能性があるます。それぞれの部屋の配置はもちろん、廊下のスペースも間取りを決める上で欠かせないポイントです。キッチンやトイレからの臭いにも注意が必要でしょう。


このように、注文住宅の間取りは自由に決められるからこそ注意しなければならない点が出てきます。建てた後で後悔することのないよう、あらかじめよく検討しておくことはもちろん、建築会社ともよく相談したうえで最終的な判断を下すようにしたいものです。