注文住宅と防犯対策

ホームへ戻る >  インプラント治療の口コミ  > 注文住宅と防犯対策

何かと物騒な世の中と言われている現代社会、家造りには防犯対策が重要なテーマとなってきます。注文住宅を建てる際にも防犯に関する意識はしっかりと持っておきたいところです。


防犯対策には大きく2つの視点があります。ひとつは具体的な対策。つまり防犯カメラの設置やオートロック、あるいは警備会社との契約など侵入者を撃退するための設備を整えること。これは家を建てた後でも十分に対策を行うことができます。しかしもう一方の間接的な対策の場合、家を建てる段階でしっかりと念頭に置いておく必要があります。


間接的な対策とは、そもそも侵入者を近寄らせないような環境を用意することです。具体的には入り口部分に照明を設置するなど人目につくような環境にすること。あるいは外から家の内部を覗かれにくい環境にすることなど。また、高い塀や生垣などはプライバシーを保護するために役立ちますが、逆に侵入者の存在が外から見られにくいため、狙われやすい面があります。

注文住宅を建てる場合にはこうした家の設備や環境の面でも防犯対策を意識しておく必要があるのです。とくに近年の注文住宅では開放感や日当たりのよさが重視されています。しかしそれは外から見られやすい環境と紙一重。家の内部だけでなく、外から見られた場合にどのような環境になるのかも念頭にいれた上で家を建てなければなりません。新築住宅ではセンサーライトを導入するところも増えています。対策グッズと立地条件をうまく組み合わせた上で理想的な環境を用意するようにしたいものです。