注文住宅とロケーション

ホームへ戻る >  インプラント治療の口コミ  > 注文住宅とロケーション

注文住宅は住宅内の間取りや設備といった内部の要素と、日当たりや風通し、周囲の視線といった外部の要素の2つを考慮に入れたうえで建てる必要があります。内部の要素は事前にイメージを浮かべることである程度の準備をすることができますが、外部の要素に関しては実際に現地に訪れて環境をチェックした上で決めなければなりません。


間取りに関しては立地条件、ロケーションに合わせた基本的な設定があります。たとえば東側が道路に面していた場合。この場合には東と南に空間を設けることで日当たりを十分に受けることができます。庭や車庫などをこの位置に配置するとよいでしょう。またリビングやダイニングは南側に設置すると理想的です。

一方西側を道路に面していた場合、東側とはちょうど反対の配置にすると日当たりを確保することができます。ただ西日が気になりますから、日当たりが欲しい部屋は西よりの南側に配置するとよいでしょう。


理想的なのが南側に道路に面している場合。この場合にはリビングや個室、庭など日当たりが欲しい部屋をすべて南に配置することで日当たりを最大限確保することが可能です。部屋の配置の幅も広くなり、自由度の高い設定が可能になるため注文住宅にも向いているでしょう。


北側を道路に面している場合には北側に玄関を設け、南側に個室やリビングを配置します。この場合、プライバシーが守られる生活空間を維持できます。


このように、注文住宅を建てる際には立地条件やロケーションに配慮したうえで最終的に間取りを決める必要があるのです。