賃貸住宅の更新と解約

ホームへ戻る >  インプラント治療の口コミ  > 賃貸住宅の更新と解約

賃貸物件の契約は2年間の契約が多いようです。2年間がすぎても家賃の滞納など入居者に問題がない限りは自動的に更新する事が出来ますが、更新のための手続きが必要になります。賃貸物件の更新には更新手数料という費用がかかる事も多く、家賃の1か月分程度の費用がかかるので、あらかじめ準備しておくようにしましょう。また、更新時には、周辺の同じような賃貸物件と比較して家賃が引き上げられることもあります。いきなり何万円も家賃がアップする事は少ないようですが、家賃があまりにも高くなってしまった場合には、更新せずに賃借契約を解約して引越しする事も可能です。

賃貸物件の解約には、退去する1か月前もしくは2か月前に貸主もしくは仲介している不動産業者へ申し出る必要があります。中には退去日の2週間前に申し出ても認めてもらえる物件などもあるようですが、契約書に記載されている内容を読んで確認して置くようにしましょう。解約の申し出を行なうと、最終的な退去日が設定されて、退去検査のスケジュールが組まれます。退去日までに引越しを済ませて物件の中をキレイに掃除しておくようにしましょう。


退去検査では、入居者と貸主が立会い、原状回復のためにどこを修繕しなければいけないかを確認していきます。その場で修繕にいくらかかるか計算されることもありますが、1週間ほど時間がかかる場合などもあるようです。敷金の返還の受け取り方法はケースバイケースで、直接現金で返還される場合もあれば、口座振込みで返還されることもあるようです。