販売されている水の種類

ホームへ戻る > 販売されている水の種類

宅配水ボトルの処分のしやすさを比較しましょう
長期的な歯医者治療
配達されたボトルウォーター
水の成分を分析する
新しい水

一般に販売されているミネラルウォーターなどは、その処理の仕方や成分によって幾つかのカテゴリに分類することができます。まず、前にも出てきた「RO水」というものがあります。これは逆浸透膜やイオン交換膜でろ過され、不純物を非常に低いレベルにまで減らした物が当てはまります。正確にはイオン交換膜にて処理したものは「脱イオン水」という名称になるのですが、実際の販売の場では逆浸透膜によるろ過水とひとまとめになっていることが多いようです。ちなみに、ROとは逆浸透膜を意味する名前の頭文字を取ったものです。

次に、いわゆる「天然水」が来ます。これは、その湧水池の名前をブランド名にして販売されています。富士山麓水などが有名でしょう。原水の成分を活かすために、販売にあたってはゴミなどを取り除くろ過と、加熱殺菌のみが行われるのが普通ですが、場合によっては何らかの成分調整や成分添加が行われることもあります。天然の物ですので、成分や性質にブレがあり、その品質も必ず一定するというわけではありませんが、人工的に作りだした水では難しい微妙な成分バランスや自然な口当たりなどが魅力です。ペットボトルで販売されているミネラルウォーターなどは、このカテゴリに属するものが多いようです。


最後が、「RO水+ミネラル」という分類のものです。RO水は良くも悪くも純粋であるため、むしろ体に良いミネラル分まで除去してしまいます。そこで、一旦純粋にした後に、何らかのミネラルを添加するというパターンです。