宅配水ボトルの処分のしやすさを比較しましょう

ホームへ戻る >  販売されている水の種類  > 宅配水ボトルの処分のしやすさを比較しましょう

宅配水の比較をされる中で、利用を検討をされている方が一番ネックに思われるのが「空ボトルの始末」に関することではないでしょうか。宅配水には、ペットボトルごみとして廃棄可能なワンウェイボトルと、洗浄して再び水を充填するリターナブルボトルがあります。


いずれも環境に配慮された商品であることは間違いなのですが、口コミを見ると「空リターナブルボトルの保管が面倒」「ワンウェイボトルのごみの廃棄が面倒」などと一長一短のようです。ただし、リターナブルボトルの場合、宅配業者が水の配達時にボトルを引き取りに伺いますので、こまめにボトルの発注を依頼することで溜め込むことなく保管場所に関する煩わしさを解消することができるでしょう。以前口コミでは、リターナブルボトルには発がん性物質が含まれた素材を使用しているなどという話がありましたが、現在のリターナブルボトルはPET樹脂ボトルを採用しているところがほとんどです。

ウォーターボトルの比較を行う場合には、リターナブルボトルの材質にも着目しましょう。廃棄可能なペットボトル素材のボトルを利用する場合には、自治体の廃棄手順にのっとって廃棄できるか否かも検討しましょう。指定ごみ袋に入れることができないなどのトラブルも発生しています。トライアルを利用して、ウォーターボトルの使い勝手等も比較対象にしましょう。水の重量が加わり、重たいボトルを持ち上げることができないという方もいらっしゃいます。持ち手が付いていて持ち運びやすいデザインであること、ウォーターサーバーに装着しやすい仕様であるかも比較・確認しましょう。