長期的な歯医者治療

ホームへ戻る >  販売されている水の種類  > 長期的な歯医者治療

ある程度長期にわたって、歯医者に通って虫歯の治療をするケースもあります。何度も歯医者に通って、虫歯の治療をするのは、それなりに虫歯の症状が進行しているケースが多いです。


神経にまで虫歯が達してしまって、痛みやちょっとした違和感を持つケースが多いです。一部自覚症状がない患者もいて、歯医者で診察してもらって、深刻になっていることを知るケースもあります。


ここまで、虫歯が進行してしまうと、歯の内部の神経を取り除かないといけないケースが多くなります。また歯の根っこの方に、膿がたまってしまっているケースも少なくありません。


その結果、この膿を取り出さないといけなくなるケースもあります。その中でも、白い歯の所がすべて解けてしまっているようなケースもあります。

ここまで来ると、かなり治療は長期化すると思ってください。神経の治療をする必要があることはもちろんのこと、基礎の土台から作る必要が出てくるからです。


ほかにも外部には白い歯が残されていても、歯の内部がやられてしまっているケースも結構多いです。トンネル虫歯と呼ばれることもありますが、この場合にも、歯の神経を取り除くなどの処置をする必要があります。ですから、それなりの期間、虫歯の治療に要する必要が生じます。このように虫歯の症状が進行すればするほど、治療にかかる時間も長くなってしまいます。このため、歯のメンテナンスやケアをすることはもちろんですが、少しでもおかしいなと感じたのであれば、早めに歯医者に行くことです。